ニキビはとても怖い

のんびりグアム旅行 > 保湿 > ニキビはとても怖い

ニキビはとても怖い

10代の時、チョコレートやスナック菓子を多く食べると翌日にはニキビが発生していました。食べ物がてき面に影響するんだ、と体感したものです。その後、歳をとるとともに食べ物にも用心するようになり、チョコやお菓子などは口にしないようにしています。
そのせいかニキビもすっかり現れなくなりました。
ニキビを予防したり、出来たニキビを治すには、正しい食生活を摂っていくことが重要です。
中でも野菜を意識して摂ることは極めて大切なことです。野菜にはミネラルやビタミンが豊富に含まれているから、それらをしっかりと念頭に入れて摂っていくのが一番理想です。ニキビを見つけると潰してしまうことが多いです。



しかし、跡が気になるから潰すな、というのがよく聞く説です。
なるべく早めに治療するには、ニキビのための薬が一番効能があるかと思います。

潰したニキビ跡にも効能があります。洗顔後に化粧水・乳液で肌をケアして、ニキビのところにだけ薬をつけます。

母親がすごくニキビ肌で、私も中学時代からニキビに悩み、大人になった現在でも、よくニキビができるので、お顔のお手入れは念入りにやっています。



そして、三歳になる娘もすでに鼻周りの毛穴に角質がつまり始めています。
不憫なことに間違いなくニキビができやすい肌になりそうです。

遺伝は恐ろしいなと思いました。肌荒れとニキビが結びついていることも有りです。
ニキビはホルモンの均衡の乱れが主な原因なので、思春期に生じやすいです。しかし、思春期をすぎてもできるケースがあり、大人ニキビとか吹き出物と言われます。

この大人ニキビの要因の一つが肌荒れですから、肌ケアや生活習慣には注意が必要です。ひどいニキビができてしまった時には、石鹸を用いてピーリングを行うようにしています。ピーリングの時には、肌にヒリヒリとした感じがありました。そうして、恐ろしくなってすぐに止めたのですが、肌が正常に戻ってみたら、そんなヒリヒリ感は消えて、ニキビがキレイに改善されました。



その後は、ニキビを見つけるとピーリングをするよう心がけています。

ニキビへの対処は、いくら眠くてもメイクは確実に洗い落として寝ることです。化粧をすることにより、お肌への影響が大きいと思うので、お肌に息抜きをさせてあげたいのです。



メイク落としにも気を配っています。オイルがベースのタイプや拭き取るタイプなど数々のものを試してきましたが、ミルクタイプのメイク落としがお肌に優しいと思いました。ニキビというのは、すごく悩むものです。ニキビができる時期は、主に思春期となりますから、すごく気になって仕方のなかった方もたくさんいたと思います。にきびは予防も大切ですが、薬で改善することもできます。

薬屋へと行き、薬剤師に聞いてみたりすると、自分に合う薬を教えてくれます。


ニキビケアに栄養管理が必要です。脂質や糖質を多く含有している物を取り過ぎることはニキビの一因になります。


チョコレートは脂質も糖質も多いので、特に食べ過ぎないようにした方がよろしいです。カカオ多分に含有し糖質の少ない物はお肌にも良いので、何としても食べたい時には成分表を注目しましょう。ニキビを予防するために大事にしないといけないのは、菌の温床にならない環境をつくることです。

ファンデーションのパフに汚れが付着したままでいる、枕をしばらく洗っていない、手で直接肌に触る等の行為は、顔に菌を塗っているのと同じです。


いつもに清潔を保てるように気を付けましょう。