おばあちゃんの葬式で

のんびりグアム旅行 > おばあちゃんの葬式 > おばあちゃんの葬式で

おばあちゃんの葬式で

最近祖母の葬式がありました。 うちの父には腹違いのお兄さんがいます。今回の祖母はうちの父の母にあたるお葬式でした。 もともと、父とお兄さんは仲が悪く、仮面をかぶり世間体だけを気にしながら、今回のお葬式などの話もしていました。 お兄さんの方は責任感が乏しく、何事も一つ一つ言われないと動けないタイプで、喪主でありながら決めごとや管理はうちの父が細かく動きこなしていました。 周りの目ばかりを気にするお兄さんは、挨拶やおいしいところだけを動けばいいと思っているみたいで、 祖母が入院中、容態が悪化したことで父とお兄さんが先生の話を聞きに行ったとき、先生の話を聞くのは兄であるお兄さんが率先して話を聞きに行き、 病院で泊まり込みの看病するのは任せたといい、お兄さんは帰る有様。 兄として話は聞き、あとはやっておけ!と言わんばかりな性格で、周りも非常に迷惑しています。 祖母が亡くなり、通夜やお葬式の話も、葬儀屋と話を勝手に進めるのはお兄さんの役で、あとの段取りはうちの父がこなすことに。 周りも二人の関係をわかって、いろいろと手伝ってくれる親戚も多く助かりましたが、お兄さんは決めごとだけ決めてゆっくり座るだけ。 今まではそこまで気にしませんでしたが、今回のお葬式で目の当たりにしました。 喪主であるお兄さんの子供は、3姉妹で全員結婚しているにもかかわらず、だれも通夜や出棺、お茶出しに至るまで手伝いに来ず、 お葬式や四十九日では、お客様として来ていただいてる人たちと同じように座ってお茶を飲む始末。 父の子供は、私を含め三人兄弟で、三人兄弟の嫁がお茶出しやお客様のお相手や掃除などをすべてすることに。 親の考えや行動は子供にも同じように映し出されるんですね。

1日分のビタミン最安値